あらゆる経営者におすすめしたいjcb法人カード

基本

jcbではいくつもの法人向けのクレジットサービスを提供していますが、その中でも最もスタンダードで導入しやすいのが「jcb法人カード」です。企業経営者だけでなく個人事業者でも発行してもらえるというメリットがあり、申し込み数が多いクレジットカードとなっています。基本サービスも特典も充実していて、全体的にとても優れたサービスを提供していますので、使いやすいカードと言えるでしょう。

まず、このjcb法人カードの基本的な内容ですが、一般カードとゴールドカードの二つに分かれています。一般会員の場合は年会費1,250円となっていて、ゴールドの場合は10,000円です。追加で複数枚発行してもらいたい場合、一般カードの場合それぞれ1,250円がかかります。そして、クレジット利用限度額は10万円から100万円となっていて、信用状況によってクレジット会社が指定することになっています。

こうした基本的な内容に加えて、いろいろな特典やサービスが付帯していますので賢く使うことで、より便利な使い方ができます。たとえば、旅行傷害保険が自動的に付帯されていて、国内外の旅行で最大3,000万円の補償がなされます。そして、ショッピング保険も付いているというのもうれしいところです。海外旅行中に購入した物品に関して、100万円まで補償が付きます。特に海外への出張の機会が多いという企業にとっては、社員が安心して旅行するように助けられる特典となっています。

また、このjcb法人カードにはETCカードを年会費無料で発行できるというサービスも付きます。何枚まで発行できるかは審査によりますが、基本的に複数枚の発行が可能となっていますので、自動車を使って移動する営業部門などにはうれしい機能です。たとえ本カードを1枚しか発行していないとしても、ETCカードは複数枚発行できることになっていますので、目的に応じて使い分けられるのが特徴です。

jcb法人カードでは、Oki Dokiポイントという制度が適用されます。これは、クレジット利用によって自動的にポイントが貯まっていくというものです。しかも、通常のショッピングと比べると、海外での利用で2倍、所定のプログラムを経由してショッピングを行うと最大で20倍ものポイントがたまるというキャンペーンもあって、よりお得にクレジットでの取引ができるのがうれしいところです。しかも、貯めたポイントは好条件でギフトカードやテーマパークのチケットなどと交換することができて、社員の福利厚生や取引先へのプレゼントとしても使えるというメリットもあります。

こうした様々な特典に加えて、ビジネスを効率よく進めるツールの提供も行っているのがJCBの良いところです。会計ソフトとして利用頻度の高い「弥生会計オンライン」を1年目無料で使うことができます。クレジット利用データを直接送って処理することができますので、会計処理がかなり楽になります。こうしたビジネスツール提供というのもjcb法人カードを使うメリットで、本来のクレジット利用の目的である業務効率化を促進させることができるのです。

このように、jcb法人カードは様々な角度からビジネスをサポートするサービスを提供していて、どんな企業や個人事業者にもメリットのあるカードとなっています。基本サービスが手厚く、特典も充実していますので初めてビジネスカードを持つという人にもおすすめしやすいカードです。審査はそれぞれの企業形態に応じて柔軟に行われ、利用限度枠の調整などをして、できるだけ多くの経営者が持てるようにしているというのもポイントです。気軽に法人カードを使える機会となりますので、クレジット導入を検討しているのであれば、ぜひとも考慮したいサービスです。(金額は2019年6月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました