ガソリン法人カードとは?その特徴や選び方について

駐車料金がお得になるガソリン法人カードは、社用車を多く抱える企業におすすめのカードです。ここでは、ガソリン法人カードの特徴とカードを選ぶ際のポイントについてお伝えします。最後におすすめのガソリン法人カードも紹介しますので参考にしてください。

ガソリン法人カードとは、ガソリン代の支払いに特化した法人や個人事業主向けのクレジットカードのことです。コスモ石油、昭和シェル石油、モービルなど各社のカードがありますが、それぞれの加盟店のみでの利用となっています。つまり、1枚のガソリン法人カードで異なる石油会社の給油料金がお得になるというわけではありません。ですので、ガソリン法人カード選びではどの石油会社のガソリンスタンドをよく使うのかをしっかり考えましょう。

ガソリン法人カードによって、給油価格の割引やキャッシュバックなどのサービスがあります。ポイント還元率は会社によって異なるので、御社の状況に合う最適なものを選んでください。どのガソリン法人カードでも、年間に利用すればするほど割引率が高くなります。ポイント還元率のわずかな違いでも、ガソリン代に多額の出費のある企業では大きな差となりますので、経費削減のためにも細かいところまでよく比較しましょう。

ガソリン法人カードは何種類もあるため、還元率や割引率の高いカードを選ぶのがおすすめといっても具体的にどれを選べばよいか迷うということもあるでしょう。そこで、ガソリン法人カード選ぶ時にチェックすべきより具体的なポイントをお伝えします。

ガソリン法人カードを選ぶ際、まず候補となるのが会社の近所にあるガソリンスタンドではないでしょうか。利用頻度の高いガソリンスタンドで使えるガソリン法人カードを選ぶことが基本ですから、もちろん大切なことです。

ただ、会社の近くにガソリンスタンドがあっても、企業によっては必ずしもそこで給油するとは限らないでしょう。運送業や物流業界では都道府県をまたいで移動することが多く、会社の近所より、出先で給油する機会の方が多いということもあり得ることです。そういう場合は、全国的に店舗数の多いガソリンスタンドを選ぶ必要があります。移動範囲に合わせて最適なガソリン法人カードを選びましょう。

次に、どのぐらい割引やポイント還元があるかをチェックします。割引率・還元率だけでなく、ガソリン法人カードによって、利用額に応じて給油代が割引になるのかキャッシュバックしてもらえるのかといった違いがありますので、その点も考慮してください。

また、ガソリン法人カードによっては、給油価格の割引だけでなく、それ以外の各種サービスを用意しているところもあります。飛行機や鉄道の運賃もキャッシュバックとなるものもありますし、ETCカードを複数枚発行できるといったサービスもありますので、サービスの内容を総合的に考えて、よりメリットの高いガソリン法人カードを選んでください。

では、最後におすすめのガソリン法人カードを紹介します。それはJCBの「シェル一般ビジネスカード」です。このカードでは利用額に応じたキャッシュバックがありますが、そのキャッシュバック率は月額の利用額に従って変動します。利用額が多いほどキャッシュバックも多くなり、最高では3.0%の還元率です。ただし、月のキャッシュバックの上限も決まっており、最大でも1か月15,000円となっています。それでも最大で18万円も返ってくるということですから、給油の頻度が高い企業にはいちばんのおすすめです。

また、このカードのすごいところは、給油代だけでなく全国のJCB加盟店での支払いについてもキャッシュバックの対象となることです。さらに、ショッピング保険や海外旅行傷害保険も付帯されており、ビジネスにぴったりのガソリン法人カードと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました