法人ゴールドカードを持つメリットとおすすめのカードブランド

法人カードを作る場合、「どうせなら一般カードよりゴールドカードを持ちたい」と多くの方が思うのではないでしょうか?ただ、一般カードよりランクが上という以外に、ゴールドカードにどんなメリットがあるのかを詳しく理解している方は多くありません。そこで、法人ゴールドカードを選ぶメリットとおすすめのカードを紹介します。

ゴールドカードのメリットの一つは、単純に一般カードよりもスペックが上がることです。わかりやすいのが利用限度額でしょう。一般カードでは利用額は最高100万円程度で、一般の買い物であれば十分ですが、会社の備品など経費として支払う目的としては物足りないこともあります。その点、ゴールドカードになると2倍から3倍の200~300万円の利用限度額が一般的であり、ビジネスシーンで法人カードが活躍する機会が格段に増えます。

また、法人カード使う機会が増えるということは、ポイントも貯まりやすくなるということです。高額な買い物をするほど多くのポイントが貯まりますが、そのうえ、ゴールドカードはポイントの還元率が一般カードより高いことも多いため、さらに効率良くポイントが貯めることができます。経費削減にも効果が期待できるでしょう。

そのほか、ゴールドカードの一般カードとの顕著な違いが旅行保険です。法人のゴールドカードともなると、最高補償額が一般カードの倍以上になることは珍しくありません。たとえば、JCBの法人カードの場合、一般カードでは最高補償額が3,000万円ですが、ゴールドカードだと1億円になります。出張で国内外を旅行する機会の多い方にとってこれは大きなメリットです。

また、ゴールドカードには、空港ラウンジを無料で利用できるようになったり、トラベルサービスを受けられたりと、さまざまな特典が付帯します。ゴールドカードを持っているというステータス性目的以外では、出張の機会が多い方にこそゴールドカードがおすすめです。

ゴールドカードには、ビジネスをサポートしてくれる特典もあります。出張で役立つのが、列車や飛行機のチケットを割引価格で購入できるサービスです。予約も簡単なので、窓口に並んで購入する手間がありません。また、ビジネスコンサルティングやマーケティング調査を利用できるゴールドカードもあり、ビジネスに幅広く活用できます。なお、クレジットカード会社によって法人ゴールドカードの付帯サービスは異なるので、申し込む前に必ず詳細を確認してください。

上記のように、一般カードに比べてさまざまな特典がある法人ゴールドカードですが、気になるのはその年会費ではないでしょうか。手厚いサービスが受けられるようになる以上、年会費が高くなるのは仕方ありません。とはいっても、一般の人がイメージするほどゴールドカードの年会費は高くないのです。

なかには高額なカードもありますが、法人ゴールドカードの年会費の平均は1万円程度で、なかには2,000円ほどのリーズナブルなカードも存在します。いずれにせよ、年会費が一般カードよりアップするとはいえ、費用対効果を考えると一般カードよりお得になることが多いでしょう。

法人ゴールドカードを持つメリットをお伝えしてきましたが、最後におすすめのゴールドカードを紹介します。それは、アメリカンエキスプレスが発行する「アメリカンエキスプレスビジネスゴールドカード」です。

アメリカンエキスプレスは世界最高のステータス性を持つカードブランドで、そのゴールドカードを所有しているというだけで、エグゼクティブとして手厚いサービスが期待できるようになります。年会費は31,000円、追加カードは12,000円とやや高額ですが、その値段以上のメリットが受けられる法人ゴールドカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました