法人クレジットカードで上手にマイルを貯める方法とは?

経営者方には会社の経費を法人カードで決済して、ポイントをマイルで受け取りたいと望んでいる方は多いです。移動手段に航空ルートを頻繁に利用する会社は特にそうでしょう。

そこで今回は、マイルの貯まる法人クレジットカードを紹介していきましょう。

マイルが貯まるお得な法人カードとは?
国内のマイルポイントとして、ANAマイルかJALマイルとなります。もちろん海外の航空会社のマイルも多数ありますが、法人カードで貯まるマイルはANAかJALが主流になっています。

具体的にチェックしますと次の通りです。
・アメックスビジネスゴールドカードではANAマイレージクラブとその他多数の海外マイレージ
・ANA法人ワイドゴールドカードでは、もちろんANAマイレージバンク
・オリコEXGoldforBizではANAマイレージクラブとJALマイレージクラブ
・セゾンプラチナビジネスカードはANAマイレージクラブとJALマイレージバンク
・JCB一般法人カードではANAマイレージクラブとJALマイレージバンクとスカイマイル

他にも、楽天ビジネスカードや三井住友ビジネスカードやMUFGカードビジネスもマイレージを貯めるのに便利なカードです。

一般的にセゾンマイルクラブへ登録すると、ほぼ自動的にJALマイレージが付与されるようになっています。またANAマイレージを選ぶ場合は、アメックスやダイナースの還元率が高いとも言われています。

カード決済で上手にマイルを貯めるには?
法人カードは社員にも携帯させて、それで必要経費を決済させることが多いでしょう。つまり会社の規模が大きく、カードを利用する社員が多い会社ほどマイルを貯めるチャンスが大きくなる訳です。

マイレージを貯める方法は次の3通りです。
・カード提携している航空会社でチケットを購入する
・提携店でカードを利用する
・貯まったポイントをマイルへ移行する

直接航空券を購入する場合が一番マイレージの還元率が高いです。移動手段で飛行機を多用する会社には有利でしょう。またショッピングでマイレージを還元するカードも多いですが、こちらは還元率が非常に小さいので、マイレージを有効利用するとまではいかないかもしれません。

そこでおすすめなのが、法人カードで付与されたポイントをマイレージ化させる方法です。実はこの方が効率ははるかに良いのです。

法人カードによるポイントは、手続きをするだけで簡単に希望のマイルへ移行できるんです。ですから、ポイント還元率の高い法人カードを選ぶと良いでしょう。

ですが、ポイントをマイルと交換する際に注意点があります。この手続きで手数料が発生するケースがあります。事前に費用の有無をチェックするようにしてください。

また交換量に上限額設定しているのが普通です。その範囲内で上手に交換していくのがコツです。そして法人カードの中には、ポイントをマイルへ交換できないものもあります。この3点を事前にチェックしておくと良いでしょう。

貯めたマイルをどう使うのがお得?
貯まったマイルは、もちろん航空チケット購入費に充てるのが常套手段でしょう。チケット代の一部に当てるやり方が一般的です。

そこで必要マイル数が多い座席や航空便を選んで使うと、実は還元率がアップするんです。特に海外便がおすすめです。そしてシートをワンランクアップさせる方法もお得になります。この場合は少ないマイルで済みますので、マイルの貯まり具合を見て調整することが可能です。またギフト券・商品券に交換するのも有効でしょう。

このようにして、貯めたマイルは余さず有効利用することで、わずかではありますが会社の経費節約に貢献します。法人カード自体に同様のメリットがありますが、マイルで更に積極的な経費対策を行うと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました